HOME | ウルフカット WOLF HAIR CUT

人気のウルフカットが再び!?ネオウルフやソフトウルフなどオススメのヘアスタイルを紹介

 

 
今日本や海外でも新たなブームとして人気が出てきたウルフカットですが、今までにウルフカットをしたことありますか?
昔のウルフカットとは違い、現代ではより自然でどんなタイプの人にも似合わせる事ができるヘアデザインが主流になってきました。
これからヘアスタイルを変えたいけど、何か良いスタイルがないか考えている人は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

ウルフカットとは

 
ウルフカット

ウルフカットとはトップの髪を短めにして襟足を長めに残した髪型の総称で、名前の由来はウルフカットのスタイルの特徴である、襟足部分の髪の毛が狼の毛先に似ている事から呼ばれるようになりました。
今では「ソフトウルフ」「ネオウルフ」などのワードが人気になってきており、海外では「Mullet hair」「hime cut」などレイヤーを入れたヘアスタイルがますます人気が出てきています。

ウルフカットの特徴

ウルフカットの特徴は、ハイレイヤーと呼ばれる短い毛をトップに作り、襟足を長く伸ばしたヘアスタイルが一般的でしが、最近では長めのレイヤーに襟足を残すデザインなどが人気です。
ウルフカットはレイヤーを入れる事で毛量調整やヘアスタイルにクビレを作れたり、様々なデザインに使われています。
トップに入れるレイヤーから、襟足の毛先までの長さをデザインもあれば、トップと襟足の長さをつなげずディスコネクト(切り離す)したスタイルも人気◯

ウルフカットはこんな人にオススメ

ウルフカットには様々な魅力があり、
◯毛量が多いからスタイリングしずらい
◯顔の輪郭が丸いのがコンプレックス
◯髪の毛に動きが出にくい
◯首が長く見えるようになりたい
などの悩みがある人にとてもオススメのヘアスタイルです。
ウルフカットは、入れるレイヤーの長さや量、そしてレイヤーの角度や位置によって全く違う見え方をしてくれるので、自分好みのウルフカットをしたい場合は担当のスタイリストとよく相談してみましょう。

ネオウルフやソフトウルフとは?

ネオウルフで使われている「ネオ」という言葉には「復活、リニューアルされた」という意味が含まれているんですね。
 
新しいウルフヘアスタイルという認識を持って頂ければ大丈夫でしょう。
 
今までのウルフスタイルは縦長のシルエットが強調されていて、トップは短いレイヤーに下は長めの襟足というデザインが主流でしたが、この強調された縦長シルエットをより現代っぽくナチュラルかつ自然に見えるようにデザインされたヘアスタイルがソフトウルフです。
 
今流行っているネオウルフやソフトウルフは、極端なメリハリではなく、よりナチュラルな見え方をするスタイルが一般的です。
 
極端に長さを変えるというより、バランスよく短い毛や長い毛を入れながら縦長のシルエットやひし形に見えるヘアデザインが人気です。

昔と現代のウルフカットの違い

 
ウルフカット

昔のウルフカットは、極端に短い長さのレイヤーをトップに入れて、襟足部分はトップのレイヤーの長さの3倍以上の長さを残しているようなメリハリのあるデザインが主流でした。
ロックバンドやストリート系の人たちの間で人気になり、芸能人でもウルフカットをやり始める人が増えてから一般の人たちの間でも加熱していきました。
現代のウルフカットは、極端なメリハリではなく、よりナチュラルな見え方をするスタイルが一般的です。 極端に長さを変えるというより、バランスよく短い毛や長い毛を入れながら縦長のシルエットに見えるヘアデザインが人気です。

レングス別人気のネオウルフやソフトウルフスタイル

それぞれのレングスにあったネオウルフやソフトウルフスタイルで人気のヘアデザインをこれから紹介したいと思います。
 
もちろん、ここに掲載しているスタイル以外にも、一人ひとりの輪郭や髪質にあったヘアスタイルがあるので、担当の美容師さんと相談してみるといいですね。

ショートヘア× ネオウルフ&ソフトウルフカット

 
ウルフカット

今までのショートヘアと違い、襟足を長めに残したスタイルでよりウルフっぽいメリハリのある縦長シルエットになります。
首筋に沿うように長めに残した襟足がクールな印象を与え、トップの長さを短くすればするほどストリートっぽい独特なヘアデザインへと変わっていきます。
ネオウルフなどナチュラルなデザインの場合は、少しだけトップや襟足の長さを調整するだけで今っぽいウルフショートができるのでオススメ!

ボブヘア×ネオウルフ&ソフトウルフカット

 
ウルフカット

今までとは少し違ったボブにしたい人にオススメ!
ボブは重めに見えるデザインが主流でしたが、襟足を長く残してトップにレイヤーを足してあげるだけで全く違うデザインに変わります。
ボブなのに襟足だけ極端に長く伸ばすデザインや、ボブとミディアムの中間ぐらいの長さ、襟足を結ぶとボブに見えるデザインなど残し部分や短くする部分を調整するだけで全く異なるヘアスタイルになります。
ボブの場合は顔まわりにインナーカラーや、襟足にポイントカラーをするとより明るめの印象を与えることができるので、ビビット系のカラーを入れるとよりGood!

ミディアムヘア×ネオウルフ&ソフトウルフカット

 
ウルフカット

ミディアムヘアで、短くしようか長めに伸ばそうか悩んでいる人にでも挑戦しやすいウルフカット。耳にかけてタイトな印象に仕上げたり、外ハネっぽく仕上げてトップを重めに残すデザインなど、ミディアムヘアでも多彩なデザインを楽しめます。
毛先やインナーにヘアカラーをする事でより見た目の印象が変わるので若い人にとても人気!

セミロング×ネオウルフ&ソフトウルフカット

 
ウルフカット

セミロングのウルフカットは毛先をストレートにしたり、カールにしたりするなど仕上がりのデザインにも幅があります。
見た目の印象は、重め、軽めの2択だった昔と比べても、仕上げによってもデザインが変わるのでとてもオススメ。
セミロングで髪の毛を伸ばしたいけど、トップに動きがほしい場合や、顔まわりのみにレイヤーを入れるだけでもウルフっぽい印象になります。

ロングヘア×ネオウルフ&ソフトウルフカット

 
ウルフカット

顔まわりを中心に短めのレイヤーを入れたウルフカット。
ロングヘアの人に人気なのは、Hime cutでおなじみの顔まわりに入れるぶつ切り感のあるデザイン。
顔まわりに短いレイヤーをたくさん入れることで、小顔効果や髪の毛をアップした際でも動きを付けれるのでいいですね。
ロングヘアの場合は、毛先に重みを残したい人は顔まわりや長めのレイヤーを、毛先を軽めに残したい場合は短めのレイヤーで調整できるので、自分が好きなデザインに調整できます。

ネオウルフ&ソフトウルフカットはメンズにも大人気!

 
ウルフカット

メンズの中でも、襟足を少し長めに残してトップに動きをつけたネオウルフ&ソフトウルフカットが人気!
メンズのネオウルフ&ソフトウルフカットの場合、ワックスなどのスタイリングでより動きを強調したり、毛先をカールにしたり、ストレートでまっすぐに伸ばしたりする事で見た目の印象も変えることができます。
ショートの場合は、トップに入れるハイレイヤーはかなり短めの状態でも似合わせやすいのでメリハリの効いたシルエットがメンズのウルフカットの特徴でしょう。
男性にも多いマッシュ系スタイルでもネオウルフ&ソフトウルフカットのようにレイヤーと襟足を少し長めにしてあげる事で、重目が主流だったマッシュヘアに軽さや動きをプラスすることができますよ。

ネオウルフ&ソフトウルフカットは40代や50代でも大丈夫?

ネオウルフ&ソフトウルフカットが最近また流行してきたという事で、若い人だけではなく40代、50代の女性も増えてきています。
40代や50代になると、髪質が細く弱くなりやすいのでトップにボリュームが無くなりやすいですよね。
なのでしっかりとトップにレイヤーを入れつつ、襟足を首に沿うように長めに残す事で、顔まわりがスッキリして、後頭部の形が綺麗に見えやすくなるのでオススメ!
若い世代だけじゃ無く、髪質やボリュームに悩みを抱えている方にもぜひ挑戦してほしいですね。

ネオウルフ&ソフトウルフカットをオーダーする時のポイント

 
ウルフカット

ネオウルフ&ソフトウルフカットをオーダーする時に知っておきたいいくつかのポイントがあります。
自分が思っていたスタイルと仕上がりが何だか違うなんて事が起きないように、担当美容師さんと相談する前にチェックしておきたいポイントを解説します。
◯顔の輪郭に合わせた長さ調整が必要
◯クセや毛量によってシルエットが変わる
◯ストレートかカールのどちらが多いのか
◯スタイリングはするのかしないのか
などによって、切り方や求めているデザインの調整が必要になってきます。 写真などで見たウルフカットが可愛かったからオーダーしても、それぞれのポイントをしっかりと担当美容師さんと相談してから決めましょう。

ネオウルフ&ソフトウルフカットや姫カットでデザインを楽しもう

 
Hime hair cut

ネオウルフ&ソフトウルフカットは長短のレイヤーを入れることで縦長のシルエットに見えるので、毛先の動きが見えやすく丸顔の方や全体的なシルエットを細く見えるのが特徴的!
可愛い系というよりも、カッコ良い系のヘアスタイルなので、今まで挑戦したことない人はぜひ試してもらいたいヘアデザインのひとつです!
 
また、姫カットは顔まわりにパツンと切り込んだレイヤーが印象的なデザインで、こちらは可愛い雰囲気にもカッコ良い雰囲気にも作れます!
カラーやスタイリングも様々なデザインを楽しめるので、見た目の雰囲気を変えるにはとてもオススメ!

ネオウルフやソフトウルフのメリットとデメリット

ネオウルフやソフトウルフカットをしてみたいと思う方に、一度チェックしておきたいメリットやデメリットについて話したいと思います。
ぜひ参考にしてみてください。
【メリット】
◎見た目の雰囲気を変えることができる
◎頭の形をよく見えることができる

【デメリット】
▲くせ毛の人はスタイリングしにくい
▲髪の毛の量が少ない人はより薄く見える
▲スタイリング力が必要
 

芸能人でもネオウルフやソフトウルフが人気

ネオウルフ ソフトウルフ

芸能人でもお洒落な人たちが先取りしたネオウルフやソフトウルフスタイルもかなり人気!
 
ネオウルフやソフトウルフがどのように取り入れられているのか、芸能人のヘアスタイルを見てみると参考になりますね。
 
その中で特にお薦めしたい芸能人が
◯高畑充希
◯佐々木希
◯あいみょん
◯菅田将暉
さんあたりのヘアスタイルがとても参考になるかと思います。
 
よくヘアスタイルを変えられている4人の方ですが、ネオウルフやソフトウルフカットをしていた時のヘアスタイルもとてもに立っていて、ヘアスタイリングも上手に今っぽくお洒落にしあげていたのでおススメ!
 

ネオウルフやソフトウルフのスタイリング方法は?

 
ネオウルフやソフトウルフの場合、長さ別にスタイリングの方法が変わってきます。
 
【ショートヘアの場合】

ネオウルフ ソフトウルフ

ショートヘアスタイルの場合は、基本的に長さによる違いで作るネオウルフやソフトウルフのデザインがもっとも主流です、
 
スタイリングはあまり必要とせず、ヘアカットでしっかりと襟足やトップの長さを設定するだけで今っぽいウルフカットに仕上げるので、スタイリングはワックスやオイルで動きを出したり、ツヤを出したストレートっぽいダウンスタイルも人気。
【ボブやミディアムヘアの場合】

ネオウルフ ソフトウルフ

ボブやミディアムで人気のネオウルフやソフトウルフのスタイリングは、外ハネ系がとても多いですね。
今までのウルフカットのように、極端にレイヤーを入れるのではなく、さりげなく加えたレイヤーと少し長めの襟足のカットデザインに加えて、スタイリングで襟足を外ハネにしてあげることでくびれができるので頭の形がよく見えるスタイリング方法ですね。
【ロングヘアの場合】

ネオウルフ ソフトウルフ

ロングヘアの場合は、洗いっぱなしのようなラフなスタイリングがとっても人気です。
軽く入ったレイヤーをクシャクシャっとしたようなボサボサ感のあるスタイリングが今っぽくてお薦め。
 
それ以外にも、フロントに作った姫カットのようにぶつ切りしたレイヤーをしっかりとアイロンで内巻きに仕上げて、それ以外は綺麗なストレートに仕上げてあげるのも海外では人気ですね。

ネオウルフやソフトウルフで失敗されたら?

ネオウルフ ソフトウルフ

せっかく今っぽいスタイルになりたいとネオウルフやソフトウルフカットをお願いしたのに、自分に似合わないヘアデザインにカットされてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?
 
極論は、上に入ったレイヤーと長めに残した襟足の差を縮めてあげる事で失敗されたヘアスタイルをより自然な状態に戻すことができます。
 
襟足の長さを切るので、伸ばしていた人にとっては辛いかもしれませんが、ネオウルフやソフトウルフカットは顔の形や毛質、毛量やスタイリングの有無など様々なことを考慮してカットしなければなりません。
 
そこまで考えていない状態で、ただ雑誌にあるヘアカタのようになりたいと思ってオーダーしてしまうと失敗される確率がとても高くなります。
 
似合わせの技術がとても必要なネオウルフやソフトウルフは、必ずカットが上手な美容室で切るようにすることで失敗される確率を減らせます!

まとめ

ウルフカットは時代を追うごとに、よりナチュラルな雰囲気へと移行しているので、時代に合ったヘアスタイルを楽しんでみて下さい!
ロンドンでヘアカットが上手な美容室をお探しの方は、ぜひMYSNUGROOMをご利用ください!